それは自分の殻にヒビを入れる契機だった~演武会に誘われて参加した中年会社員武術家の心境

131210medium_1234618279photo credit: Aidan Jones via photopin cc

創造と工夫、心に明かりを
———-

さて、
中年会社員武術家JunoIwamiが演武会で単演(一人で行う演武)をやるきっかけになったのは、馮先生によるやや強引な説得でした。

不安を抱えたまま参加した結果は予想とは違い、人からの温かい拍手をもらい、自然と頭が垂れました。
(この時の内容はこちらを参照してください)

その時の心境は、私の武術家としての在り方に一石を投じたのは間違いありません

かつては演武会の参加者を探す様子を「まるでなまはげと、それから逃げる子供のようだ」とさえ感じていました。

しかしそのドタバタに自分がまきこまれ、そして済んでみると「ああ、良かったんだな」と思うようになりました。

今回は、そんななまはげからの祝福と言えば良いのでしょうか
演武会に強引に参加させられた事から得た「人からの誘いに乗る事」についての心境を話します。

●1.「なまはげ」の祝福
●2.人の誘いは脱出のチャンス

<<●1.「なまはげ」の祝福>>

「悪いごはいねが~」

なまはげは確かに怖い外見をもっています。
しかしその語源は「怠け者を懲らしめ、災いをはらい祝福を与える」というものからきているようです。

私にとって、演武会へのやや強引な誘いは、始めはなまはげにつかまったようなものでした。

しかしそこからの努力と演武会への参加は、「自分の殻」という災いにヒビを入れ、祝福のような効果と感情を私に与えてくれました

何事にも積極的に踏み出せずにいた人間
自分に自信が持てずに、手を伸ばす事が出来ない人間
それが私です。

そうした人間は「積極的に行こうぜ」と言われたところで「それが出来れば苦労しない」と反論し、やはり亀のように縮こまっています。

そんな人間が一歩を踏み出すきっかけは
もしかしたら、誰かからの強引な誘いや、
他に選択肢のない「仕方のない状況」など
「自分以外からの押し」なのかもしれません

結果が出るまでは恐怖に心が挫けそうになりますが
「その誘いに乗って起こした行動は無駄ではなかった」
「新しい世界を知る機会となった」
自分の行動に可能性を感じる事は、生きる上での祝福だと思うのです

<<●2.人の誘いは脱出のチャンス>>

何かを踏み出せずにいる人
変化が怖い人

自らの力だけではそこから脱出するのが難しいなら、誰かの誘いに乗るのも良い機会かもしれません

無理をせず、人の誘いに乗る事で新しい価値に出会えるという事もあります。

馮先生に演武会への参加を言われた時は確かに大変でしたし、大きな不安もありましたが、今までにない光景を見せてくれた事も事実です。

それ以降の私が、恥ずかしがりながらも演武に積極的に関わるように変わったのは、そうした誰かからの誘いを受け入れたからだと思います。

全てにおいてとは言えませんが、誰かに誘われたり、手を差し伸べられたりしたとき、その手をつかむことは新しい自分の価値観に繋がる可能性となります。やや怖い面もありますが、そうしたことに積極的に取り組んでいく面白さがあると、一連の出来事が教えてくれました。

「演武」の関連記事はこちらです

<目次>
▼はじめに
●「演武」って何?~そんなあなたへ中年会社員武術家が取り組みと 目的を紹介します

▼演武の種類~徒手、素手~
●演武って結局何するの?~実際に大会に参加した中年会社員武術家が一人でやる演武の内容を説明します
●集団が魅せる演武の美~規律が生む演武の美しさをたっぷりお聞かせしましょう
●分かりやすい演武はいかが?~二人一組でやる演武は迫力と連携に瞬きを忘れます

▼演武の種類~武器~
●中国拳法の武器ってどんなの?~ではまず「刀」の魅力と演武の見どころを説明します
●見栄え良し、機能良し~中国拳法の武器に高貴さを求めるなら「剣」こそ相応しい
●使いやすさという最大の強みを活かせ!~中国拳法の棍術は「しなる」迫力が魅力です
●人類最古の歴史を持つ武器~中国拳法における「槍」は武器の王と呼ばれています

▼個人的な経緯
●かつては演武が嫌いだった?~中年会社員武術家が演武に積極的でなかった理由
●それは誰かの笑顔の為に~中年会社員武術家が演武会の参加を続ける理由

▼演武会の楽しみ方
●「見て楽しむ」中国拳法~演武者との一体感を得る3つの取り組み
●演武会に行くのは初めてかい?~では、日本古武道演武大会に行った時の「どよめきと驚き」の話をしよう
●日本古武術の演武が見たい?~私なら日本古武道演武大会を楽しみに待ちます、2月開催ですけど!
———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください