中国拳法の武器ってどんなの?~ではまず「刀」の魅力と演武の見どころを説明します

創造と工夫、心に明かりを
———-

さて、
中国拳法の演武では武器法も披露されます。
「ほう、で?中国拳法の武器ってどんなのよ?

今回は、そうした武器の一つ「刀」についてお話します。

中国拳法の場合、「刀」と書いて「とう」と読みます。
演武会でも武器演武のトップバッターとして演武されることが多い、スタンダードな武器です。

●1.刀~形状
●2.刀~使い方
●3.刀~演武の見どころ

<<●1.刀~形状>>

131202Tou01
唐突ですが、私は「刀」と「剣」の違いを知りませんでした

聞けば、片方に刃があるのが「刀」
左右両方に刃があるのが「剣」
という事です

日本刀は確かに確かに片刃なので「刀」ですし
日本神話やゲームで出てくる草薙の剣はイラストを見る限り両刃です。

「ほ~」とうなづきましたが、この単純な違いを知っている人が(私を含めて)少ないのも事実です。

そしてその形状は、使い方にも違いを出してきます

<<●2.刀~使い方>>

131202Tou05
中国拳法で初めて武器を習う場合、この刀か棍(こん)になると思います。

なぜか?
それは初心者でも武器として使いやすいという理由が挙げられます。

刀という武器は「切る」事が主な使い方になります。
そして切るための刃が片側にしかないため、実質的な攻撃は刃のある方を中心に組み立てられます。

「手に持っている武器の特性を活かして、どうやって武器を使い、相手を倒すか」
そうした方法論や考え方を学ぶには、攻撃方法が剣よりも少ない刀の方が集中して学べます。

複雑な使い方をしたり、特別な使い方を学ぶより
「まずはスタンダードな使い方から」
そうした必要十分な使い方を学べるのが「刀」の特徴です。

<<●3.刀~演武の見どころ>>

「刀」というのは武器の名称です。
そのため使い方によって様々な名称が与えられます。

太極拳では太極拳の技術を用いた「刀」の扱い方があり、それを「太極刀」と呼んでいます
とはいえ、この「太極刀」は一つではなく、48の動作で構成されている「48式太極刀」、或いは古くからある型で「楊式太極刀」など非常に多くの種類があります。

また形意拳では「形意連環刀」として、
八卦掌には「八卦刀」として、
または跳躍動作の多い激しい型もあります。
それぞれの拳法における刀の型があり、各拳法の風格をそのままに刀を使う方法を示しています

「刀」という一つの武器が、
「切る」という単純なだけの動作が、
実に多彩な可能性を持つか、分かっていただけると思います。

<<演武会という機会に向けて>>

演武での刀は実直さが前面に出ており、華美さはありませんが分かりやすい構成になっています。
刀の演武を見せる事は、映画などで見て抱く「漠然としたイメージ」をすこし現実に近づける良い機会と思っています。

そして「かっこいいな」とか「面白いな」など思っていただければ、演武者の一人としてとても嬉しいのです。

「演武」の関連記事はこちらです

<目次>
▼はじめに
●「演武」って何?~そんなあなたへ中年会社員武術家が取り組みと 目的を紹介します

▼演武の種類~徒手、素手~
●演武って結局何するの?~実際に大会に参加した中年会社員武術家が一人でやる演武の内容を説明します
●集団が魅せる演武の美~規律が生む演武の美しさをたっぷりお聞かせしましょう
●分かりやすい演武はいかが?~二人一組でやる演武は迫力と連携に瞬きを忘れます

▼演武の種類~武器~
●中国拳法の武器ってどんなの?~ではまず「刀」の魅力と演武の見どころを説明します
●見栄え良し、機能良し~中国拳法の武器に高貴さを求めるなら「剣」こそ相応しい
●使いやすさという最大の強みを活かせ!~中国拳法の棍術は「しなる」迫力が魅力です
●人類最古の歴史を持つ武器~中国拳法における「槍」は武器の王と呼ばれています

▼個人的な経緯
●かつては演武が嫌いだった?~中年会社員武術家が演武に積極的でなかった理由
●それは誰かの笑顔の為に~中年会社員武術家が演武会の参加を続ける理由

▼演武会の楽しみ方
●「見て楽しむ」中国拳法~演武者との一体感を得る3つの取り組み
●演武会に行くのは初めてかい?~では、日本古武道演武大会に行った時の「どよめきと驚き」の話をしよう
●日本古武術の演武が見たい?~私なら日本古武道演武大会を楽しみに待ちます、2月開催ですけど!
———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください