第32回 全日本武術太極拳選手権大会 順位はどうなったのか

20160614top

創造と工夫、心に明かりを
———-
今回の大会で一つの目標を立てていました。
それは
「10位以内に入る」というものです。

今回の演武の得点は「8.53」という結果でした。
その点数でわたしは10位以内に入れるのか?

張り出された結果表はどうなっていたのか?

得点発表の緊張も抜けきらない状態ですが
さあ、順位表を見に行こうじゃありませんか

結果発表のアナウンスが流れたぞ!
わたしの名前は何位でしょう?

結果発表のアナウンスが流れたぞ!

演武が終わってしばらくするとアナウンスが入ります。

自分が参加した部門である「伝統拳術A」の順位表が
はり出されたというアナウンスです。

さあ、掲示板を見にいきましょう

わたしの名前は何位でしょう?

「わったしの名前はどこにある〜」なんて鼻歌交じりに…
スミマセン、めっちゃ嘘です

本当は目を皿のようにして、自分の名前が書かれている場所を調べていきます。
まるで受験番号を探す受験生の気分です。

「あった!」

IMG_0030k

自分の名前を見つけました。
点数は会場で聞いた通りの8.53
その上にはそれより上の得点の人たちの名前がズラリと並んでいます

「で、順位でいうとどのあたりになるのかな?」
上から数えていきます

……
………
「は…八位?」
上から数えていき、同じ得点の人がもう一人いて、その人と合わせて同点8位という結果がでました。

そう!目標達成
わたしはちゃんと10位以内に入ったのです!

「おっしゃぁ!」
思わず拳を握りガッツポーズをとりました。
願い練習した努力が一つの身を結んだのです。

この瞬間の喜びは、わたしだけのもの
だれでもないわたしが得た結果でした。

不安からよろこびへ

実は結果を見るまでは心配でした。
というのも、昨年の結果は8.55と今回より高い得点だったのですが
それでも10位には入れませんでした。

それだけに今回の結果はとても嬉しいものでした。
とても嬉しかったので
知り合いにメッセを送ったりして
自慢とお礼とその他もろもろを発散しました。

テンションが高まります。
こうして今思い返しても、嬉しかった感情がよみがえります。

<関連記事>
第32回 全日本武術太極拳選手権大会 Junoiwamiの演武は何点だ?
第32回 全日本武術太極拳選手権大会 Junoiwamiの緊張のコート入りからはじめの一撃まで
第32回 全日本武術太極拳選手権大会 突いて回って跳んでのJunoiwamiの演武をダイジェストで紹介します

———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  Junoiwami(岩見)より
▼中年会社員JunoIwamiが運営している教室はこちらです。