次回大会に向けた目標は?Junoiwamiは反省会でふたつの目標をたてました

IMGP3001
創造と工夫、心に明かりを
———-

演武をして、得点を知り、順位も発表されてひと段落しました。
こうしてJunoiwamiにとって2015年で最も大きな大会であった
「第32回 全日本武術太極拳選手権大会」が終わり…ません!
ええ、まだ終わりませんとも!

この後すぐに飲みか…いえ、打ち上げ、反省会があるのですから
そこであーだこーだと今回の大会を振り返りながら

「次回はこうしようぜ!」と
明るく元気に明日へ向かって切り上げるのです!

今回は、そんなお酒の席での話
結果の反省と
未来に向けた抱負を混ぜこんだ
打ち上げでの一幕です。

打ち上げはいつもの場所で
反省やなんやらで盛り上がれ
Junoiwamiの来年の目標

打ち上げはいつもの場所で

自分たちの出番が終わり
上位陣の表彰も終わり

そして大会が閉会しました。

集まったメンバーも肩の荷が下りたかのようにリラックスしたものになっています 。

「じゃあ、裏の演武会(打ち上げ)に行きますか」と
スルッといつもの場所に向かいます。
IMGP3006

反省やなんやらで盛り上がれ

さあ、飲むぞ!
反省会の名を借りた飲み会はお疲れさまのカンパイではじまります。
IMGP3008
さっそく始まる自己採点や反省点の嵐で盛り上がります

「あそこでバランスを崩しさえしなければ…」とか
「最後までスタミナが持続できて、よかった」とか
「もうちょっと動きのキレが欲しいよね~」などなど
さっきまでやっていたそれぞれの演武の話から

「どうやったら仕事をしながら練習するか」とか
「うちの残業どうにかしてほしい」とか
などの仕事との両立に苦心している話もあり

果ては
もっと本格的に武術を生活に入れるための相談や
自分の持つスキルと中国拳法をうまく組み合わせて独立を目指すひとなど

いろいろな思いを抱きながら
ひたすらワイのワイのと話していきます。

こうしたひと時がとても楽しいです。

Junoiwamiの来年の目標

わたしは次回の目標を二つ決めました。

ひとつめが「最終得点を8.65にすること」
今回が8.53で前回が8.55だったことをかんがえると
前回より点数を上げる、という方向に持っていきたいです。

ふたつめは「入賞する」ということです。
おおよその目安は6~7位
このあたりに入れば入賞あつかいになる確率はグッと高くなります。

この二つを目標にして、また次回に向けて歩きだします。
2016年7月の大会も楽しみです。

2015年、実はもう一つ大会があったのです

これで2015年の大会は終わりかと思いきや
実は11月にもう一つ「武術太極拳競技大会」がありました。
そこに参加したJunoiwamiは…

おっと、
これはまた別の話にいたしましょう

<関連記事>
第32回 全日本武術太極拳選手権大会 突いて回って跳んでのJunoiwamiの演武をダイジェストで紹介します

———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  Junoiwami(岩見)より
▼中年会社員JunoIwamiが運営している教室はこちらです。