この旅行は最高に楽しいものになる!~「楽しむ」と決めたからそれが現実となった

笑顔と情熱

ここのところ、わたしはベトナムのニャチャンへいく経緯を書いてきました。

自分でも不思議に思うくらい楽しんでいました。
まだまだ書き足りません。
語りきれないほど楽しい旅でした。

場所が良かったから?
友人と一緒だったから?
楽しんだ理由を上げればいくらでもあげられます。

でも、もっと根本的なところに理由がある感じました。

「この旅行は最高に楽しいものになる!」
旅行計画が発動した当初から決めていたこと
です。

まだ行ってもいない旅行について「楽しいものになる」という断言。
「楽しかった!」と過去形にさえしてしまうほどの熱量。

見たい景色を見るという脳の働きを利用する。
良い意味での色眼鏡。

「この旅行は楽しい!」と決めて旅をしたこと。
ひとつひとつの出来事が「とても楽しいこと」として目に映った真の理由は、そんなシンプルな「決め事」だと思うのです。

見たい景色を目に映す

わたしはこの旅行が楽しみで仕方ありませんでした。
あまりに楽しみだったので、旅に行く前からどのくらい楽しいかを考えました。

「この旅行は過去最高に楽しいものになり、ずっと語れるものになる!」
・過去と未来と現在
・自分と友人と周囲の人
このふたつについて楽しいと考えることで、自分の思いをより強くしていきました。

過去と未来と現在

まずは時間軸を楽しさで埋めていきました。

過去に行ったことのあるどんな旅行より楽しい。
友人たちと過去に行ったことのある国内旅行。
そのどれもが楽しいことでした。
そして今回の旅行はそのさらに上を行く旅になる。
そう考えました。

未来に語り継げるほど、思い出話として真っ先に出てこれるほど楽しい。
これから先にどれだけ旅行をしても、今回が一番楽しかったね、と
そう語れるほど、今回の旅は楽しい。
想像に勢いがありました。

今のすべてを楽しめている!
感じたり、行動したり、頭を使ったり。
今のすべてに楽しさを感じる。
わたしの想いが実感となっていきました。

時間の流れ

このように過去、未来、現在のすべてに楽しさを埋めていきました。

自分と友人と周囲の人

関わる人が楽しむことを思いました。

わたしがとても楽しい。
一緒に行っている友人たちも楽しい。

宿泊先のスタッフも楽しい。
街にいる人全員が楽しい。

当事者である私たちだけでなく、わたしたちの周囲の人たちもとても楽しくなる、そんな旅行であることを考えました。

時間と人間

なんだ、みんなハッピーじゃないか。
そりゃあ、楽しいのも当たり前じゃん。

笑顔が周りにある。
そんな風景が思い浮かびました。

そのすべてが、最高に楽しくなる旅

人は見たい景色を目に映します。

たのしい時は楽しいと思えることが
くるしい時は苦しく感じることが
それぞれ身の回りの現象として飛び込んできます。

とても、楽しい。

過去最高に
未来に語れるくらい
誰にでも誇れるくらい
今を塗りつぶせるくらい

そう決めたから、私の目には最高に楽しくなる旅が映し出されていました。

<ベトナム旅行の関連リンクです>
・10年近く動かなかった旅行計画を数カ月で実現させた夢ノートについて
・海外旅行はどこにいく?まずは場所と期間とお金の希望を整理しよう
・旅行先にベトナムのニャチャンを選んだ4つのワケ〜海辺で快適で費用もお手頃なのです!
・ニャチャン旅行はプチハプニングを笑い、リカバリーにおどろく~成田での呼び出しと空の上のLinux
・ゲートを探せ!初めて降り立ったホーチミン空港でのタイムアタック
・上がる室温はトラブルの予兆?焦らすぜ、飛行機を乗り換えろ!