指導者も一人の修行者

創造と工夫、心に明かりを
———-

さて、
小さいとはいえ教室を受け持って、指導者としての面を見せている私ですが、

他の方、特に教室に来ていただいている人から見ると、どう映るのでしょうか?

技術の悉くを習得し、無敵を誇る武道家でしょうか
稽古の内容を瞬時に理解し、最適解を提示するコーチングの天才でしょうか

いろいろな見方があると思いますが
こうして教室の代表として、指導者としての立ち位置で振り返りますと

意外に皆と変わらない

という事に気づきます。

つまるところ、立場は変わっても、一修行者であることに変わりはない、という事です。

何と言いますか、こう、期待してしまうのです。
先生という人物像に、指導者という役割に
「この人なら、この人なら何とかしてくれる」そんな根拠のない期待が

そういう認識を取り払うと、不思議なことに
先生や指導者だと、勝手に雲の上の人だと思い込んでいた人達が
とても近くに感じます。
過分に過ぎると、少しだけ重荷に思っていた指導者としての役割も
すんなりと受け入れられます。

指導しているように見えて、実は一番良い席で勉強させてもらっている
身に着けた技術や経験を切り売りしているのではなく
それらを提示しながら、皆と一緒に、日々の稽古に励んでいく。

先生たちも、そう思いながら、リアルタイムであれだけの実力を示していたのかと
そんな風に思うのです。

これからも、悩みながら、でも笑いながら
一修行者として稽古に励んでいきたいものです。

———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください