奥多摩プチリトリート3~「POINTS OF YOU(ポインツ オブ ユー)」カードセッションで思考を整え未来に向かう

何を引きますか

カードが持つ神秘性にほのかな憧れを持つ岩見です、ごきげんよう。

2017年12月に参加した奥多摩プチリトリートもいよいよ大詰め。
今回はとしさんが担当するカードセッションの話です。

「POINTS OF YOU(ポインツ オブ ユー)」というカードを使ったセッションが始まります。

カードセッションにより思考(考え方)を整え、自然な気持ちで未来(2018年)への思いを描き、語り合いました。

奥多摩プチリトリートがもたらす3R(リラックス、リフレッシュ、リバース)はこのワークをもって完成されたと感じました。

思考と心のリフレッシュ~カードセッション

奥多摩プチリトリートの最後のワークはとしさんが担当するカードセッションです。

このワークで言う「セッション」とは以下の二つの取り組みをいいます。
1.自分の考えていることや困っていることなどを解決に向けて整理する
2.今後の指針や行動に繋げていく

カードセッションでは、このワークをカードを絡めて進めていくものです。

カードを介することによって対面では話しにくい内容でもスルスルと話が進み、早く整理できることが特徴です。

POY

「POINTS OF YOU(ポインツ オブ ユー)」~コーチングゲーム

今回カードセッションで使った「POINTS OF YOU」というカードは発想を広げたり、ものの考え方を変えていくことに優れた効果を発揮するカードツールです。
POINTS OF YOUを使ったセッションは「コーチングゲーム」と呼ばれ、お互いに意見やカードを交換しながら進めていきます。

<POINTS OF YOUについての情報~外部リンク>
コーチングをカードで楽しみながら学ぶ、活かす、育てる- Points of You Japan

コーチングゲームであつかったテーマ

今回、コーチングゲームであつかったテーマは以下の内容でした。

テーマ1:2017年に頑張ったこと
テーマ2:2017年にやれなかったこと
テーマ3:2018年をどうするか
それぞれのテーマについてカードの内容をからめながら話を進めます。

はじめて会った人とでも落ち着いた心境で話すことができました。

カードセッションの感想

カードセッションを通じて、自分の内面や思考が整理されていくのを感じました。
心にスペースが空き、余裕を感じている自分に気づきます。

思考が整理されると共に、未来について自分がどう進んでいくか、人と関わっていくかなどに目を向けることができました。

話し相手が多くいることも良い形で作用します。

例えば、としさんはセッションの経験が豊富です。良いことも悪いこともあった2017年について、何を言っても受け入れてくれる大きさとあたたかさを感じました。

ミキティとのセッションはとてもやわらかく、それでいながら芯の通った強さを感じました。思い描く未来にどのようなことが待っているか、可能性を感じることができました。

はじめて会った他の参加者さんとも多く話すことができました。思わぬ角度からの質問や物事の見方、捉え方に目からウロコが落ちていきます。帰りの電車の中でも、ずっと話をしてしまうくらいに親密感が高まりました。

引いたカードから何を思う

普段であれば、初対面の人を相手に自分の内面を話すのはとても勇気が必要です。
しかしカードを通すと良い意味で「どこか第三者的な目線」で話すことができます。

おかげで自己開示もスムーズに進むので内面に取り組むというセッションのハードルがとても低くなるのを感じました。

落ち着き、整え、多角的に捉えて、未来を広げていく。
そしてそれらを笑いながらシェアしていく。
とても心地よい着地をもたらしてくれました。

「POINTS OF YOU」を使ったセッションの流れ

補足説明として、セッションの流れを説明しておきましょう。

POINTS OF YOUを使ったコーチングゲームの流れはシンプルです。
「カードを引いて、テーマについて話し合い、相手やカードをシャッフルする」というものです。

1.POINTS OF YOUのカードを1枚ずつ引きます。
絵柄が見えている状態で引きますので「今日の気分はこのカード」という直感で引きます。

2.二人一組になり、話す側と聞く側を決めます。
Aさん、Bさんを決めて「じゃあ、Aさんから話しましょう」といった流れです。

3.テーマを決めて話す側から話を始めます。
今から話し合ってもらうのは「〜〜」についてです、と言われますのでその内容にそって話をしていきいます。
話をするときに自分が手に持っているカードの内容を絡めて話すことがPOINTS OF YOUの特徴です。

カードを見ながら話すので感情に振り回されることなく、客観的な視野を得ることができます。
その結果、事実を今までとは違った角度で見ながら自分の口から話すことができます。いつもの自分では考えられなかったアイデアにつながることもあります。

話す時間は3~5分です。時間がきたら一度区切ります。

4.質問タイムもカードをからめて
聞いている側からの質問タイムです。
話を聞きながら感じた疑問や状態を質問、確認します。
この時もカードの内容をからめた質問にすると話す側にとって予想しなかった角度からの質問になるので面白いです。

5.話す側と聞く側の立場を変えて同じテーマについて話す
話す側と聞く側を交代します。
同じテーマについて、同じように手持ちのカードをからめて話したり質問していきます。

6.相手、カード、テーマをかえて繰り返す
話す側と聞く側が終わったら、お互いのカードを交換します。
そして相手を変えます。
もう一度手順2の話す側と聞く側を決めて、違うテーマについて話をしていきます。

「FACES」(フェイシーズ)カード

「POINTS OF YOU」は利用用途に応じて複数のカード(ツール)を使います。

今回のワークでは「FACES」(フェイシーズ)というカードも登場しました。
フェイシーズは2017年に発売されたばかりの最新のカードです。

<フェイシーズの情報~外部リンクです>
フェイシーズ(FACES)~ Points of You Japan

フェイシーズ

写真を見てお気づきかもしれませんが、フェイシーズのカードは様々な「顔」だけの写真で構成されています。

やり方はコーチングゲームとほとんど同じです。
カードを引いて、テーマを決めるという流れです。
コーチングゲームと違うところは、写真の他に「単語カード」を引いてくることです。

単語カードが入ることでテーマとフェイシーズの間にもう一つの軸が出来ます。
フェイシーズと単語カードを絡めながら、そのテーマにそって話を進めていきます。

今回、フェイシーズであつかったテーマは以下の内容でした。
テーマ1:自分との共通点
テーマ2:他人から見える私

フェイシーズは他人の「顔」と「表情」が中心に入ってきます。
これらのカードを見て自分を振り返るのです。

顔に何を感じるか

「他人は自分の鏡」といわれています。
フェイシーズの顔を見ながら、自分の要素をいつもとは違った角度から見て行きます。

このワークによって他人との関係性や自分の表情について深く掘り下げられたと感じました。
自分の認識と他人からの認識のギャップをカードを通して知ることになるとは思いませんでした。
面白いものです。

1日を奥多摩ですごして

午前中の自然の中の散歩でリラックスが始まり
お昼には美味しい蕎麦を食べて
午後のヨガと瞑想でリフレッシュと自分への回帰(リバース)に取り組み
そしてカードセッションでリバースが深めて未来を描いていく

まさにコンセプトの3R、リラックス、リフレッシュ、リバース。
なにをしていても心地良い感じでした。

東京都内にある自然豊かな奥多摩と、そこに根差した活動を続けていく人たちにふれることで、心も体も頭の中も、いい感じに解きほぐされました。

主催者であるとしさん、ミキティ、本当にありがとうございます。

この記事を書いていて、また奥多摩に行きたいという気分になりました。

申し込みは「いまここ庵」から

この魅力的なワークショップ「奥多摩プチリトリート」は主催者のお一人である「としさん」のブログ「いまここ庵(あん)」から申し込みができます。

<申し込みはこちらから~外部リンクです>
いまここ庵 いつでも旅の途中。さぁ!ここから始めよう

メニューの欄に「ワークショップ」がありますので、そちらからどうぞ。
としさんはとても明るい「陽」のエネルギーを持ちながら人を援助する活動を行っています。
みなさんも3R(リラックス、リフレッシュ、リバース)を体感してみてはいかがでしょうか?

<奥多摩プチリトリート関連記事です>
奥多摩プチリトリート1~自然の中のサイレントウォークが心と体をリフレッシュさせる
奥多摩プチリトリート2~ヨガで体に軸を立て瞑想で意識を自分に戻す