私の武術の始まりは~切っ掛けは偶然の一言

創造と工夫、心に明かりを
———-

さて、考えてみれば自分自身のことをまるで話していなかったことに
今更気づきました。

今回は私の武術の背景について話していきます。
全部は述べられませんので、始めの、切っ掛けとなったことです。

ではいきましょう!

武術を始めたのはいつから?

私の場合、武術を始めたのは大学に入ってからでした。
はっきり言って遅い始まりです

でも関係なかったのです、高校3年の卒業を控えていた時期に
「大学に入ったら、格闘技をやろう」と思い立ったのです
この時はまだ「武術」という考えではなく、体を動かして強くなりたい
そう思うのが精一杯でした。

始まりの2週間~無茶なスケジュールをこなす

大学にはサークル勧誘期間があるのですが
その間に友人たちといろいろと見て回ります。
ある人はテニスサークルに、ある人は論文系に、そしてある人は…と
やはり人によって所属するものは違ってきます。

で、私なのですが
ある意味この時の2週間が最も過酷で
そして最も充実していた時期ともいえることをしていました

私はこの勧誘期間中のうち、2週間を使い平日の毎日を武術・格闘技サークル(部あるいは同好会)に出入りしていたのです。
詳しい日程は忘れましたが、

例えば
月曜日には空手(伝統)に行き
火曜日には少林寺拳法
水曜日にはフルコン空手
木曜日には合気道

金曜日にはこの曜日にやっている2団体のうちどちらか


アホですね、今見ても。
それでも向こうの方から見れば、一週間に1,2度現れる新入会員程度の扱いです。
まさか毎日万遍なく回っているとは思ってもいないでしょうから
「有り余っている体力を発散させてやろう」という感じで
丁寧かつ強力に教えてくれます。

正直、体力的には無理がありましたし、とてもきつかったですが
それだけに、理性ではない「体や相性が求めているもの」を模索できたのではないかと思います。

そして決めた場所、その一言

最終的には少林寺拳法のサークルに所属しました。
この時の勧誘説明会での一言は、今でも思い出せます。

「みんな、仲よく」

真面目で不器用そうな部長が、副部長に引き出されて困惑しながら言った一言がこれでした。
勿論今までの稽古から、ただの甘い言葉でないのは分かります。
それでも、暴力だけでない
自他の共存を前提とした在り方を、
よりにもよって「部長、最後に一言伝えたいことは?」の場面で言ったことに
嘘をつけない人の本心を見た気がしたのです。

私の武術の始まりはここからでした。
ここから現在に至るまで、種目は変えましたが、現在も続けています。

切っ掛けは先の一言「みんな、仲よく」だったのでしょう。
これは、日付をずらせば聞けなかった一言だったのでしょう
だから間違いなく偶然です
後日部長に言っても「そうだったっけ?」と返されました。

そして、その偶然から先の継続は、自分の意志です。
楽しい事ばかりではないこの道ですが。
いままでの通りコツコツと進んでいきたい
そう思います。

———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください