まずねじる、でもその前に上に伸ばそう

創造と工夫、心に明かりを
———-

さて、毎日の仕事お疲れ様です

暑い中を移動するのも大変ですが
冷房の効いた部屋で日がな一日デスクワークというのも
これはこれで体が硬くなって大変です

一定時間ごとに肩回しやら深呼吸やらをやって負荷を和らげていますが
やはり、体にクセがついているらしく、なかなかうまくいきません

こうなってくると全身でねじる動きなどをして無理繰り矯正するのですが、
単に左右にブン回すだけだと効果が薄いのを感じます

考えを少し変えましょう
あまり振り回すのではなく、じっくりとねじっていきます
軽く立って両足を肩幅に開いてじっくりと、です
ああ、とてもいい感じです
でもまだ足りません

なんででしょう?うーむ

次は腕の方向性を意識してみます
なんとなく八卦掌を意識してやってみます、足はそのままで左右交互に
大分マシになってきました
でも、もう一声欲しい

よし、もっとダイナミックに変えてみよう
腕の動く方向を見ながら、いっそ真上に引っ張ってから体をねじり
次に腕を倒し込んだらどうでしょう?
おお!
同じような動きとは思えないくらいねじりが効きます
主に背筋ですね、効いているのは。
骨盤のすぐ上もいい感じにねじれています。
固まっていた場所が伸ばされ、ねじれ…そしてリラックスとともにほぐれていきます

なんとなく動きと効果の理由は分かりますが
いいんです、この心地よさが今は大事なんです

なんとなく硬いなあ、という気持ちが起点だったことでも
それについて取り組んでみると
いろいろと見えてくることがあるようです
(人の体ってのは、ままならないから面白いです)

ダルイ、疲れたと縮こまるより
じっくり体を動かした方が良い効果を及ぼしそうです。
こういった体のサインは、体の働きを再認識させるチャンスなのかもしれませんね

———-
立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください