フライト前から旅気分をもり上げるなら成田空港第3ターミナルのナリタニストロードを見ていこう

ナリタニスト看板
家に帰るまでが遠足なら、家から出た瞬間から旅の始まりを楽しもうと思っている岩見です、ごきげんよう。

2017年6月に海外に行ったのですが、その時初めて成田空港の第3ターミナルを利用しました。
第3ターミナルまでは第2ターミナルから歩いて10分、またはシャトルバスで3分程度の移動が必要です。

「時間もあるし、はじめてだし、どれだけ歩いて、そして疲れるかを確認しよう」とゆっくりと歩いていくことを選びました。

つらつらと歩いていると、両脇にパネルが並んでいるところに出ました。
「ナリタニストロード」と書かれています。

ナリタニスト看板

パネルには国内外の写真とキャッチフレーズが書かれており
そんなパネルが通路の左右の壁にずらーっと並んでいます。

ただそれだけの歩道なのですが、わたしはそれを見るのが楽しくなり
ほ~、といいながらゆっくりとしたペースで歩いていきました。

通路

ナリニストタロードの写真

ナリタニストロードには日本や海外の写真がキャッチコピーで貼り付けられています。

国内のご近所さんであったり
いったことのない場所であったり

海外のいったことはあるけど知らなかった風習であったり
全く読めない、聞いたこともない国であったりします。

パネル展示2

写真の内容も
風景であったり
お祭りであったり
地域の食事
風習
人間
いろいろなものがあります。

写真に添えられている言葉も良い感じです。

写真を見て思ったこと

これらの写真や言葉を見て、なんとなく楽しくなりました。

写真の場所のほとんどは、わたしの知らない場所です。

パネル展示1

見ているだけで旅をしているような気になります。
これから飛行機に乗るというのに、もうすでに写真の中に旅に出ているような気分です。

国内でもこんなにも美しい風景があるのだということ
こんなにも興味深い風習があること

海外には心ふるえるような興奮がありそうなこと
日本とは味わえない文化がありそうなこと

これらに手が、届きそうなこと。

「これから向かう場所がひと段落ついたら
次はこの写真の場所に行ってみたいな」

そんな風に思えました。

ちょっとお話したい事

なんの気なしに歩きはじめ、存在さえ知らなかったナリタニストロード。
ただ歩いて、写真を眺めるだけですが、それでも旅行気分。
これからのフライトに胸が膨らみます。

まだ行ったことのない場所の写真とキャッチコピーを見ながら
そこにいたら自分はどんなふうに感じるのだろう?

そしてこれから降り立つ地では、どんなことが待っているのだろう?

そんなことを想像しながら
ひとつひとつの写真を見ていきました。

旅の一言