WordPressの固定ページ真っ白表示はものくろさんの手腕により安全に解決しました

解決と喜び
固定ページがまっしろになり途方にくれていた(過去形)の岩見です、ごきげんよう

WordPressのテーマを変更したところ固定ページが表示されなくなりました。
重要なページが表示されないのでとても困っていました。

自分でいくらやっても解決しなかったので「プロ」に相談しました。
相談したのはものくろぼっくすの主宰者であるものくろさん。
(外部リンクものくろぼっくす – フリーランスの道具箱

広い知識を持ち、クライアントの可能性を寄りそいながら開花させていく手腕に優れた人です。

そして今、問題が解決し、新しいテーマであるLigtningで表示できるのはものくろさんのおかげといえます。

今回はものくろさんがどのようにして固定ページの真っ白表示を解決していったのかを見ていきましょう。

問題の切り分け

なにはともあれ原因の特定が大事です。
そこで問題となりそうなことを切り分けていきます。
原因を分けていく
ものくろさんに教えてもらいながら絞り込みをやっていきました。
このとき凄いなと思ったことは「取り返しのつかないことはしない」という明確な方針です。

「何かあっても元に戻すことができる」
「致命傷につながるようなことはやらない」
この安心感を持って作業できることはユーザーにとってとても重要です。

自分でやっていたときはおっかなびっくりやってましたが、ものくろさんのこの方針のおかげで安心感を得ながらひとつひとつ作業を進めることができました。

結果だけをいうと、この段階では「原因」となるものは判断できませんでした。
しかしこれは失敗ではありません。
以下に述べていく「これらのことが原因ではないということがわかった」という情報となり、次のステップに活かすことができました。

ではやっていったことをひとつずつ見ていきましょう。

プラグインを全停止

WordPressで何か問題があったときはプラグインの不具合が疑われます。

全てのプラグインを停止した状態で固定ページが表示されるかを試してみました。

結果、表示されず、白いまま。
どうやらプラグインの仕業ではないようです。

PHPファイルの変更

PHPはWordPressを動かすための大本(おおもと)となるプログラムです。

確認すると現在利用しているバージョンは既にサポートが終了しているものでした。

そこで一つ上のバージョンに上げてみました。
一気に最新にすると不具合が起きたときにややこしいことになるためです。
ここも慎重さと安全性を重視した進め方です。

バージョンアップした状態で表示されるか?
結果、表示されず、白いまま。
どうやらPHPでもないようです。

固定ページ、メニュー、ウィジェットはどうか?

もう一度WordPressの管理画面に戻ります。

いくつかある固定ページ、メニュー、ウィジェットに妙なコードや制御不能なものを打ち込んでいないかを調べます。

ここについてはわからないため、ものくろさんに見てもらいながらの確認です。

その結果、特に妙なものは見当たりませんでした。
どうやらこの線は低いようです。

サーバー側の問題はどうか?

画面が真っ白、ということは「エラーさえ表示されない」ということです

PHPの一部を書き換えてエラーが表示されるようにしました。
それなのに固定ページはそのエラーさえ出てこない。

サーバーの設定を変えたらエラーは表示されるのか?
もしもやれれば原因特定への道はグッと進むはずです。

そこでわたしが使用しているロリポップのサーバーの設定画面を開きました。
しかし該当する部分が見当たりません。

エラーを表示させることで原因をたどっていくことは難しいようです。

原因はわからず、だけど…

ここまで書いたように「取り返しのつかないことはしない」という方針のもと、これだけ手を尽くしてくれましたが、原因となる部分は特定はできませんでした。

しかし
しかしです。
この後のアクションによって固定ページが表示されました。

それは意外な一手でした。
解決に行く前に、もう一つだけ
きっかけとなったアクションをお読みください。

他のテーマでは表示されるか?

Lightningでは表示されない。
しかしTwenty Elevenでは表示される。

では、他のテーマはどうだろう?

ためしに他のテーマを有効化してみました。

「おお、表示されてる」
問題なく固定ページが表示されています。

これによって一つの推測が立ちました。
Lightningでのみ固定ページが表示されない」というものです。

ひょっとしたら固定ページをいじれば状況が動くのではないかという希望の道筋が見えてきました。

解決!表示された固定ページ

固定ページの更新ボタンを押す

困難な状況と思われた「固定ページ真っ白問題」
これを解決した意外な一手は更新ボタンを押すというアクションでした。

アクションとしては単純です。
しかしここまで原因を絞ってきたからこそ出てきた答えであり
「取り返しがつかないことはしない」という方針だからこそやれたことでもあります。
解決

固定ページを新しく作ってみる

今まで作っていた固定ページはすべて表示されません。

では、Lightningという新しいテーマに変えたあとで新しい固定ページを作ったらどうなるか?

ためしたところ、表示されました。
この時の驚きはすごいものがありました。

固定ページを更新しよう

「じゃあ、更新ボタンを押してみよう」
ものくろさんはためらいなく次の段階に進みます。

もともとあった固定ページの更新ボタンを押しました。
一文字も書き換えていないページです。
ボタンを押したあとにブログ全体を再度読み込みます。

トップ画面を表示させてカーソルを移動させます。
固定ページにつながるリンクをクリックしました。

きっと祈るような気持ちというのはこうした状況を言うのでしょう。

画面が切りまわりました。
真っ白ではありませんでした。

今まで見慣れた固定ページの文章が現れました。
初めてみるLigtningのレイアウトで再調整された固定ページが現れました。

画面が現れたときはホッとしました。
感動さえ覚えました。

取り返しのできる範囲という安全を保ったまま
出てきた問題を分かりやすく切り分け
一連の作業を流れるように仕上げて解決する。

ものくろさんの手腕はさすがプロの手際でした。

まとめ〜頼ってよかったという実感

この後、他の固定ページも更新ボタンを押していきました。
今では全ての固定ページが表示できるようになっています。

わたし一人だったらあきらめていた事でしょう。
妥協のように別のテーマを入れ直していたでしょう。

自分でどうにもならなかったら人に頼る。
その効果をつよく感じ、相談してよかったと実感しました。

こうして6日間悩んでいた固定ページ真っ白表示問題は、プロであるものくろさんの手により1時間たらずで解決したのです。

ありがとうございました。
感謝と尊敬

<関連記事>
WordPressのテーマをLightningにかえました〜見やすくしつつもロゴはのこしました
WordPressのテーマ変更で固定ページが真っ白になったので元に戻した話