移動距離は3000km!?武当山は遠かったと地図を見てあらためて思います

140208Map

創造と工夫、心に明かりを

———-

中年会社員武術家JunoIwamiが年末年始にいく事になった武当山。それはまあいいのですが「そもそも武当山ってどこにあるのだろう?」というのが一番初めに思った疑問でした。見切り発車もいいところです。

そこで振り返りも兼ねまして、今回の移動経路を地図に書いてみました。この記事のトップにある画像です。

成田から韓国の仁川空港まで飛行機で移動しその後、仁川から中国の西安まで、再び空の便で移動します。

ちなみに、西安と言われてもピンとこなかったのですが、「昔の名前では長安だよ」と言われてわかりました。私の中国地図って光栄のゲームである三国志シリーズで覚えた物なのでものすごい偏りがあるようです。

西安からは高速バスで4時間の移動です。西安のある陝西省から湖北省まで移動し、ついに到着するのが武当山です。

飛行機でのフライト時間は成田~仁川~西安の合計で約6時間。高速バスで4時間という移動時間。距離にして約3000キロメートル!

随分と遠くに来たものだと、武当山の宿舎に着いた時に思いましたが、こうして地図にしてみると本当に遠かったんだなと実感します。

———-

 立ち止まっても倒れても、また人は歩き出す  岩見より

▼中年会社員JunoIwamiが運営している教室はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください